寒いです!
夕方、帰宅時の室外は1℃でした。
札幌ではがんがん降っているようです。
明日は採卵に付き合う約束をしているのですが、正直寒いでしょうね。

さて、今朝はすごい濃霧でした。
r0010142.jpg

雪をストロボ撮影すると、雪それぞれが浮き上がって写るので、降っているぞという感じが表現できます。
霧の場合はどうか?試してみました。
r0010140.jpg

冷静に考えてみると水蒸気なので答えが見えているのですが、やっぱりでした。
全く絵になりません。
こんなしょうもない実験をやっています。

パソコンのメンテ

2-3日前に自宅パソコンの不調を書いたが、その後の経過を報告しよう。
マザーボードの電池切れも考えておく必要ありと判断して、電池を外して見た。
良くある汎用ボタン型。
これならコンビニで売っているだろう。
型を調べて元に戻すと、BIOS画面途中で止まる。メモリーがクリアーされてしまったのだ。
BIOSの設定画面でいろいろ設定を変更した。これまでに少しずついじってきたので、詳細を覚えていない。
主だったものを触って再起動した。
無事に動き出した。

さて、今朝動かして見よう。何事もなかったように素直に動く。
電池の接触不良だったかもしれないが、いい機会なので電池は交換しておこう。

病院内のコンビニで入手できた。280円なり。
r0010139.jpg

交換後、問題なく動いているが電源のことは注意しておこう。
しばらく様子を見てだめなら電源交換予定だ。

キマルリ

初めてこの蝶に会ったのは岩手県川井村。
当時は新潟に居たので、近場の福島の方がチャンスは多かったかもしれない。
福島ではキリから採幼を初めて成功させた。
岩手は蝶相が面白ので、その他の蝶を含めて出掛けてみたのだが、新潟からは遙かに遠かった。
教えてもらったポイントに夕方行くと、早速出迎えてくれたが、撮らしてはくれない。どうにかこうにか得たのがこの写真。

♀ 1998.07.04 岩手県下閉伊郡川井村 EOS5+Scanner
img20061119.jpg

開翅など望める状況ではなかった。
翌年も出掛けたが個体数が少ないためか撮影の機会は無かった。

そうこうしているうちに広島へ転居となった。
キマルリの本場、鳥取がそう遠くはない。
福島で覚えた幼虫探しをしてみることにした。

キマルリの採幼はそう甘くはなかった。好みの木が分からない。
小一時間探したが見つからず家族の待つ公園へ行って合流した。
「こんな感じの木にいてもおかしくないのに」と良いながらちょっとだけ見ると、待望の幼虫発見!

終令幼虫 2001.05.26 鳥取県鳥取市 Nikon CoolPix5000
img20061119_1.jpg


その後、じっくりと探しに行ってみた。
幼虫は表面から見るとこんな所にいる。真ん中の窪みになっている奥にいる。
一枚皮を剥ぐとすぐに出てくる。

幼虫巣 2003.05.24 鳥取県鳥取市 Nikon CoolPix5000
img20061119_2.jpg


前蛹になる前の幼虫も発見。周囲に糸を吐いて簡単な巣を作る。

終令 2003.05.24 鳥取県鳥取市 Nikon CoolPix5000
img20061119_3.jpg


翌年には蛹も見つけることが出来た。朽ちかけた木だった。

蛹 2004.05.22 鳥取県鳥取市 Nikon CoolPix5000
img20061119_4.jpg


幼虫探しは面白いが派手にやってはいけないだろう。
皮を剥ぐことになるので自然に優しいとは決して言えない。
写真を見るたびに反省と後悔もする。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ