2006年03月

真冬に逆戻り

このところの暖かさですっかり雪も消えてきて、日当りのいい河川敷ではフキノトウも芽吹いていた。
この冬は雪も少なく春は意外と早そうだと思っていた矢先、真冬に逆戻りしてしまった。
昨日朝から降り始めた雪は1日中続き、夕方までに40cm近く積もってしまった。
昨夜は当直だったが、職員駐車場に残された私の車は雪だるまになっている。
時々出かけていたフィールドのある中札内村では80cmの積雪。
完全に真冬に逆戻りだ。
幸いにも気温は高めなので1週間もあれば解けるだろう。
この時期の雪はあまりにも寂しい。
楽しみにしていた春を遠ざける。

撮影テスト-Sigma 15mm Fisheye

撮影テストはSigma 15mm Fisheyeも試してみた。
こちらはCanon用。
15mm.jpg

Fisheyeらしくやはり歪曲するが、Nikkor 10.5mmより程度は軽い。
img20060327.jpg

これにkenkoテレプラス1.5を付けるとこんな画像になる。
15mm-3.jpg

15mm-4.jpg

この15mmも捨てがたい画像だ。
2台のカメラで撮影するとき、普通なら違う性質のレンズを付けて交換の手間を省くのが普通だが、どちらのFisheyeも捨てがたく2台とも同じようなレンズでの撮影になるかもしれない。

リンクの追加です

いくつかのリンクを追加しました。

(1)探蝶逍遥記
すでにリンクに追加した有りましたが、改めて紹介です。Fanseabさんのブログで、東南アジアの蝶の写真が多く掲載されています。レンズのことも参考になります。

(2)my蝶あるばむ
grassmonblueさんのブログで、以前からモンシロチョウの初見記録を集めておられます。皆さんも出来ればご協力ください。

越冬卵-ウスイロオナガシジミ

ネタも集まるときにはどんどん集まる物だ。
蝶の会の新年会で一度お会いしたS氏から電話をいただいた。
ウスイロオナガの卵の写真を撮らないかというお誘いだった。
「もう木には付いていないですよね」と尋ねたら、「撮影のためそのままのこしてあります」ですって。
これは嬉しかった。
ゼフのなかで撮影が難しそうなのが本種とウラナミアカ、ムモンアカと考えていたからだ。
早速案内していただいた。
img20060326.jpg

写真は枝をたぐり寄せて撮影しているので、下の方が枝先になる。
皮のめくれに上手に隠してある。
しわの多いカシワだから余計に探しづらい。
よく見つけられた物だと感心してしまう。
この1卵塊しか見つからなかったそうだ。

撮影テスト-NIKKOR 10.5mm Fisheye

Fisheyeの試し撮りをやってみた。
風景は独特の絵柄になる。
おもろいぞ。
本当ならフキノトウぐらいはと思っていたが、わずかの標高で雪景色となってしまった。
河川敷の方が良かったようだ。
10.5mmsky-1.jpg

10.5mmsky-2.jpg

10.5mmsky-3.jpg

10.5mm-1.jpg

10.5mm-3.jpg
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ