2006年04月

究極のヒメギフチョウ

昨日の情報では旭川でヒメギフ出始め、富良野ではまだまだ(自分でも確認)という状態だった。
昨日、親孝行して観光旅行をしたが、今日は好きなことをしてくれと言われたのでどうしようか悩んだ。
旭川へ行ってみようとS氏に誘われたので、出ていることは確実なのでとりあえず写したい一心で行くことを決定した。
現地ではブログ仲間のNoreenさんたちと合流し目的も果たしたので、このことが今日のネタになるはずだったが、この後に衝撃的な出会いが待っていた。
今回の旭川で撮影した綺麗な姫君は後日掲載したい。

今日の話は富良野のヒメギフだ。

昨年、ここのヒメギフの話を聞いたのは4月下旬のことで、なんでもJRの線路から沸いて出てくると言う物だった。
そんなことあるはずもないと思ったが、良く話を聞くと本当みたいだ。
それ以来、頭から離れない。枕木、敷石や線路で羽を伸ばすヒメギフ。
こんな事があり得るのか。
今日は帰りに寄り道することにしたが、昨日何も居ないことを確認しているので期待は全くなし。
ところがあまりにも衝撃的な姿を私に見せてくれた。
DSC_0360.jpg

線路の間で日光浴をしている個体を発見!
天候が下り坂になり曇っているので気温も低い。寒くて飛べないのだ。
しかしあまりにも不自然な背景写真だ。これだけでは近くから飛来してきた個体とも思える。
が、しかし、他にも複数個体が日光浴している。
IMG_3079.jpg

ここまで来ると単に飛来したのではなく、噂通りの線路から沸いて出てきた個体か?
その真実が明らかになった。
IMG_3090.jpg

羽化直後で羽を伸ばす場所を探している個体を発見した!
これほど興奮したことも最近ない。
IMG_3096.jpg

その後、羽を伸ばしはじめた。
IMG_3102.jpg

間違いなくここで発生している!
まだオクエゾサイシンを確認できていないが、線路周囲の笹のしたにあって線路の敷石の隙間で蛹化しているのだろう。
こんなヒメギフの発生地が全国ここ以外にあるのだろうか?
私は聞いたことがない。
最後に別の個体の写真。
線路下にももう一頭いる。
IMG_3107.jpg

富良野の一日

今日は朝から良い天気!
気温も上昇するらしい。
両親が来ているので観光をすることにした。ヒメギフは連休後半に期待しよう。
富良野へ向けて走っていると清水の郊外でミズバショウが沢山咲いていた。
こんなところにあったんだ。
DSC_0259.jpg

身近な環境を余り知らないことに改めて気づく。
ここではフクジュソウもいっぱい!
アスファルトの脇に可憐に花を咲かせていた。
DSC_0263.jpg


狩勝峠からの十勝が綺麗に見える。
DSC_0269.jpg


美瑛を案内した後、近場のヒメギフポイントを散策したが見ることは出来なかった。
越冬タテハはクジャク、コヒオドシ、エルタテハ、シータテハと姿を見せてくれたが、協力してくれたのはエルタテハだけだった。
DSC_0280-1.jpg


写真はD200+10.5mm Fisheye+Kenko Teleplusが中心。

明日はどうなるかな?

焼酎など

RIMG0001.jpg

両親が九州から出てきたが、その前に送ってきた焼酎の量が半端じゃない。
いろいろあるが、詳しいことはゆっくり説明したい。
当然ながら二日酔い状態で、現在酔いを覚ましている。

リンクの追加

新たにリンクを追加しました。
私の古里である宮崎の話題が中心です。
「宮崎の昆虫」です。miyakonこと小松孝寛氏のブログです。
リンク集から飛んでください。

カメラバッグ-その2

朝からの雨がなんと雪に変わって積もってしまった。
どうなっているんだ!
3cm位だからたいしたことないが、4月に入ってどれだけ降ったことか。
腹が立つので飲んでいる。

RIMG0006.jpg

Nikon D200用に腰に下げるカメラバッグを購入したが、KissDNと違って重いためにどうも勝手が悪い。
しかも2台を腰に下げるのでこちらの動きも悪い。
かといってリックタイプにすると取り出しに時間がかかる。
あきらめて腰に2丁拳銃だと思っていたら、カメラ雑誌に面白いバッグを発見。
この写真がそれ。すでに入手済み。
見かけは単なるリックだが、バックルを一個外すとくるっと脇に回せてカメラを取り出せる。
IMG_0174.jpg

取り出し口は横に作ってあり、ジッパーを開けるだけだ。
レンズ2本と小物を携帯できる。
ロープロ SlingShot 100AWという製品だ。もう一回り大きいタイプもある。
私はこれにNikon D200+Sigma17-70mm、Nikkor10.5mm、Canon PowerShot S2、代えよう電池、マイクロドライブを入れることにした。
KissDNとタムロン90mmはこれまで通り腰に下げることにした。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ