2006年11月

クロシジミ

この蝶も思い出深い蝶です。

高校の夏休み、思いっきりゼフが採りたくて、九州では屈指の産地である九重へ出掛けました。とはいっても父親に連れて行ったもらったのです。
あるポイントへ着いて、クヌギやカシワを叩くとすごい数のゼフらしき蝶が飛び出しました。
「これはしめた!」喜びいっぱいで、すかさずネットに納めてみると、クロシジミでした。もちろん初めて採ったクロシジミだったのですが、ゼフ狙いの私にはたいした獲物とは思えませんでした。
このクロシジミの数が半端ではありませんでした。
叩いても出てくるのはクロシジミばかり。
これにはさすがに呆れてしまい、当時は採ることばかりの私も撮ったようです。
これが当時の写真。
1990.07.08 大分県玖珠郡久住町 CanonFTb + 50mmマクロ
img20061129.jpg

その後、出会う機会もありませんでした。

北海道から新潟へ移った時にあるポイントを紹介してもらいました。
次第にクロシジミが少なくなっていると感じていましたし、ぜひ撮りたいし、採りたいと思ったものです。
事情により場所は伏せておきます。それなりに見られましたが、新潟ではここだけかもしれません。
2000.07.27 新潟県 Canon EOS5 + 100mmマクロ
img20061129_1.jpg

広島を含め中国地方ではもっと少ない蝶でした。
中国山地を動き回りましたが、広島と岡山の1カ所で見ただけです。
個体数も少ないものでした。
2002.07.07 広島県山県郡戸河内町 Nikon CoolPix5000
img20061129_2.jpg

ここまでくると皆さんにも分かると思いますが、実にセンスのない絵ばかりです。とりあえずマクロで蝶を押さえておけばいいかという写真ばかりです。

久しぶりに九州へも里帰りをしましたが、時期遅れながら阿蘇ではそこそこの個体に出会えました。九州ではまだまだ環境が合っているようです。
2003.08.10 熊本県阿蘇郡南小国町 Nikon CoolPix5000
img20061129_3.jpg

いつまでもその姿が見られる環境を残したいものです。

時々、昔の写真を眺めるといかに情けないかよく分かり勉強になります。
今ならもう少し手を掛けていたでしょうね。
残念です。

憂鬱な年末

ブログは最近極端に重い。
年末は忙しくなるし。
気の重いこのごろだ。

しかし、ここ2-3年、ずーっと年末になると悲しくなることがある。
それは毎年7-8通の「喪中につき…」が届くことだ。
自分がそんな年になった証なのだろうが、つらい気持ちになる。
なかにはまさかと思った友人そのものが亡くなることもある。
今もその時の出会いを思い出しながら飲んでいる最中だ。
永遠の願い、死なずにすむ方法、できないかな?

十勝蝶の会-総会

昨夜は蝶の会の総会でした。
会場はいつもの帯広リゾートホテルです。
今年はこじんまりとやりたいとのことで案内も出ていなかったのですが、ふたを開けると30人ほど道内外から集まって、例年通りの盛会になりました。
会長の人望でしょうか。
口コミ、恐るべし!
私も参加しましたが待機中の身でしたのでほどほどにしましたし、当日朝まで当直でしたので、猛烈な睡魔に襲われて、早々と寝入ってしまいました。
猛者は今朝方4時まで宴会を続けていたようです。

今朝は5時半に目が覚めたので、誰もいないモール温泉で一風呂浴びました。
皆さんが時々撮る絵を私も。
r0010148.jpg

良い湯でした。

これでは面白くないので、4時まで騒いでいた会長を紹介しておきましょう。
当人に無断での撮影ですので目線を入れておきます。
60を過ぎているのですが、このファイトはどこから出てくるのか?
さすがに朝はダウンしておりました。
r0010149.jpg

解散後は半数近くが会長宅へ移動でした。
またちょっとした宴会のはずです。
待機中の私はおとなしく帰宅です。

久しぶりのフィールド-卵探し

友人とフィールドに出てみました。
久しぶりだったのですが、今日は寒すぎ!
台風並みの風が吹いていて、気温は5℃くらい。体感温度はかなり低かったと思います。
ねらったカシワ林は高台にあり、まともに風を受けていました。
おかげでこんなネタを仕入れられましたが。
dsc_8210.jpg

dsc_8211.jpg

まさに自然の芸術です。
早々と撤退でした。

卵は少々見つけただけです。
ピントは外していますが、ダイセンのようです。
img_0377.jpg

もっと暖かい日に出直しです。

寒いです!
夕方、帰宅時の室外は1℃でした。
札幌ではがんがん降っているようです。
明日は採卵に付き合う約束をしているのですが、正直寒いでしょうね。

さて、今朝はすごい濃霧でした。
r0010142.jpg

雪をストロボ撮影すると、雪それぞれが浮き上がって写るので、降っているぞという感じが表現できます。
霧の場合はどうか?試してみました。
r0010140.jpg

冷静に考えてみると水蒸気なので答えが見えているのですが、やっぱりでした。
全く絵になりません。
こんなしょうもない実験をやっています。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ