カメラ

Canon EOS Kiss DX

デジタルになってから一眼のサイクルも早い。
アナログのときはもっとゆっくりだった。
氣にしなければいいだけだが、やっぱり気になる。
画素数に余り関心はないが、液晶モニターが大きく見やすくなったことと、アンチダスト機能が付いたこと、シャッターの耐用回数が10万回らしいこと、AFが変更されたことは大いに引かれるところだ。
そうは言っても我が家のKiss DNは嫁が使っているので私には直接影響ない。
そもそも下取りに出す予定だったのが、キタムラで2万円の価格だったからやめたいきさつがある。
ソフマップだったら最高46000円になるはずだが、こちらにソフマップはない。
郵送で査定、下取りまでする氣もなかった。

先日、別件で100万ボルトへ行ってみたら、ソフマップのマークが目にとまった。
何でだろうと思って聞いたら、同じフランチャイズであり、ソフマップと同じ査定をしているとのことだった。

「とりあえず査定だけはしてもらうね」と機材を持ち出した私。
4万円近い査定額が出たら如何しようかと持ち込んだ。
30分後に提示された額は「買い取り上限の46000円で買取させていただきますが、どうされますか?」であった。
「お願いします…」と思わず言ってしまいました。

やってしまいました。
その後は慌ててキタムラカメラへ電話。
どうやら8万円になりそうで、34000円を捻出しなければならなかった。

そしてやって来ました。
とりあえずSigma 8mm付けてみました。
嫁も広角で再デビューさせようかと思います。
r0010060.jpg


追加(9/9)
天気悪くて今日はお休みか?
8mmで撮ってみました。
img_0031.jpg

周囲が少しケラレているが仕方なし。
ソフトで少し修正してみた。
img_0032.jpg

D200とGPS

東ヌプカウシで紛失したGPSでしたが、無いとこれまた寂しいもので同じ物を再購入しました。別な機種も考えたのですが使い慣れていましたし、今回は実物を見る必要もなかったので通販で購入でした。

自分なりの設定をしているうちにD200との接続問題を思い出しダメ元で接続したところ、いとも簡単にD200が認識してくれました。
結局、GPSに問題があったわけです。
次回からGPSデータをRAW,JPGに自動入力できることになりました。
継ぐとこんな感じになりますので、2度と紛失しないように持ち運びの場所とコードの関連を考えているところです。
r0010023.jpg

位置情報が入力されているか確認して見ましたがRAWにもきちんと書き込まれていました。
屋外を撮影したファイルのExif情報を一部表示したものです。
標高はちょっと間違っているようです。GPSの設定が必要です。
img20060724.jpg


今後の撮影に威力を発揮しそうです。

Sony HDDフォトストレージ「HDPS-M10」

ここずっと蝶の写真ばかり掲載してきたので、今日はツールの紹介。
そう考えていたら、丁度使用感を教えて欲しいと書き込みもあった。

ちょっと前に購入したitemとして紹介したものだが、使用感を掲載しよう。
スロットは向かって左側にメモリースティック用とCF(MD)用の二つがある。
SDを利用の際はアダプターを購入する必要がある。
dsc_2974.jpg

電源を入れてMDを挿すとコピー準備が出来た旨、液晶に表示されるのでコピーボタンを押すだけ。コピー中は写真のように経過が表示される。
dsc_3438.jpg

携帯してコマクサ平で使ってみた。
2GのMDをコピーしてみたが、約5分ほどで完了した。

向かって左側に電源用差込とUSB端子がある。
USBでパソコンと接続して本機の電源を入れるとHDDとして認識されるので、内容をパソコンにコピーすればよい。
なお、自動的にパソコンに取り込む専用ソフトも付属しているが、私は使っていない。

1回の充電で1Gを20回程度コピーできるそうだが、チェックはしていない。
2GのMDを2回取り込んだらバッテリーアイコン表示が75%になっていた。
万が一充電切れになったら付属のACパワーアダプターを使えばよいだろう。

税込みでの実売価格が25000円であったので価格的にも良いと思う。
だたし、画像ビューワーは付いていないので、あくまでも撮影ファイルの保存機としての使用だ。ファイルの内容は帰宅後パソコンで行うしかない。

ビューワー付きストレージも数社から販売されているが、ビューワーの分価格は高い。どちらを選ぶかは使用目的次第と思われる。

最近購入したアイテム(2)

本格的な撮影を行うようになってから、4-5日の旅行に出かけていない。
日帰りとか1-2日の旅ばかりだった。
心配なのはカメラのメモリーだが、1-2日だと予備のCFやMDがあれば問題ない。
この夏の稚内、利尻の旅はどうしたものか?
嫁のKissDNに2G MD、私は5Dに4G MDとD200に2G MDで予備としては1G MD、1G CFが一枚ずつあるだけだ。
良い被写体に出会えると1日で簡単に2-4G消費してしまう。娵は1Gでいいと思っていたら、先日は撮りきってしまった。そこで2Gへ変更した。
遠出の際は皆さんはどう処理しているのだろうか?
すぐに思いつくのはノートパソコンを持参すること。
しかし荷物になるしパソコンの機能は必要としない。
いろいろ調べて見ると携帯型ストレージが沢山出ていることが分かった。
カラー液晶付きで画像をチェックできるものから、単にファイルを保存できるものまで様々だ。
値段も機能次第だ。
沢山ある中から小型軽量、MDから移せるだけで良い、電池は長持、低価格を条件に選んでみたらソニーのHDDフォトストレージ「HDPS-M10」がぴったり合う機種だった。
r0010021.jpg

1回の充電で1Gの転送が20回可能、Total40G、耐衝撃性あり
写真では見えないがSONYのロゴの上付近には液晶があり、進行状況が見えるようになっている。
税込み25000円なり。
大きさはタバコ2箱分くらいか。
MDからの転送は問題なく、USBでパソコンと継ぐと大容量ハードディスクとして認識される。
取り扱いは非常に簡単だった。
これは使えそう!

昆虫撮影にEOS 5Dは有用か?

デジ一眼の屈曲点のカメラだとか、フルサイズでファインダーが広いとか、ノイズが少ないとか、レンズにやさしいなどさまざま言われて注目度が高い機種だ。
私自身も広角に適したカメラと位置付け、清水から飛び降りた一人だ。
このカメラの使用感はいろいろな方が書いてはいるが、一般的な使い方におけるものが殆どだ。風景とかポートレイトなどだろう。
私みたいに昆虫を撮ることを中心にしたレポートではない。
本当に期待した通りの画像が得られるのか検証せざるを得ない。
そこで簡単なテスト撮影を行った。私の部屋内でのテストで、殺風景極まりなく、ホコリで汚いのは我慢してもらおう。
使用機種はCanon EOS 5D、Kiss DN、Nikon D200で、レンズはCanonにSigma 15mm FisheyeとKenko Teleplus x1.5、NikonにはNikkor 10.5mm FisheyeとKenko Teleplus x1.5だ。
撮影はほぼ同じ位置から行い、最短撮影距離で撮影した。
今回の目的は画角と拡大率、深度の比較なので絞りを一定(F8)にしたが、シャッタースピードはばらばらである。色合いなども無視して欲しい。最短撮影距離のとき、被写体からレンズまでの大まかな距離も測定した。
Kenko Teleplus x1.5をFisheyeに使用する理由は、x1.5のマクロ的な使い方が出来るからだ。

5Dから。
上がSigma 15mm単体 下が+Kenko Teleplus x1.5 最短距離はどちらも4.5cm。
5d.jpg

Kiss DN
上Sigma 15mm単体 下+Kenko Teleplus x1.5 最短距離4.5cm
dn.jpg

D200
上Nikkor 10.5mm単体 下+Kenko Teleplus x1.5 最短距離4cm
d200.jpg


少ない歪曲で広角なのはやはり5D+15mmと思われる。その分拡大率は低い。
+Kenko Teleplus x1.5が丁度良いかもしれない。
拡大率ではやはりAPS-CのKissDNが一番である。15mm単体で絞りを上げると深度ももっと深くなるだろう。
驚くべきはNikkor 10.5mmだ。歪曲は仕方ないが深度がかなり深い。+Kenko Teleplus x1.5も良さそうだ。

広角昆虫撮影には5D+15mm+Teleplusか、歪曲が気にならなければD200+10.5mmが良さそうに感じる。あくまでも個人的な感想だが。

もうすぐSigma 8mm Fisheyeがリニューアルして発売される。これは完全な円形Fisheye(フルサイズで使用すると)であるが、Teleplusを噛ませたり、APS-Cに使うとどんな絵になるのだろうか?
非常に興味深い。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ