山菜など

山菜

撮影も楽しいが途中で出来る山菜採りも楽しい。
ガレ場のジョウザンを撮影しながら道路脇を見ると、
タラの芽が結構ある。
img20060523.jpg

これはお持ち帰りせざるを得ない。
こればかりに気をとられてはいけない。
斜面側にはアイヌネギもある。
これは嫁に嫌われるので採らない。
良く見るとウドがある。酢みそにしても天ぷらでもいける。
img20060523_1.jpg

夕飯はこれらの天ぷら。
R0010006.jpg

塩で食べるが、塩は瀬戸内海の蒲刈島のものが美味しい。
天然ミネラルが豊富な塩だ。

キノコ

Franceでは薬局へキノコを持ち込むとタダで調べてくれるらしい。
南仏自然写真館のここを参照されたし。
日本でもやってくれたら安心してキノコ狩が楽しめるのだが。

キノコ狩り(3)

キノコシリーズも最後になります。
1回のキノコ狩りでいろいろな種類が採れました。さすがは北海道という感じです。
でもポイント知らなきゃ無理な感じです。今回はGPSにしっかり記録させましたので、自分一人でたどり着けるか今後チェック予定です。
01.jpg

1枚目はクロシメジ。ホンシメジの黒っぽいやつで同じ種類と思われます。当然ながらどう料理してもうまいキノコでした。
02.jpg

2枚目はボリボリ。切り株周囲から出ていました。歯ごたえ風味とも申し分ありません。沢山はなしでした。
03.jpg

最後はタマゴタケ。写真のように変わっていますが、伸びると普通のキノコになります。湯通ししてマヨネーズで食べたら最高でした。今回、1個のみでした。

キノコ狩り(2)

キノコの続きです。
オシロイシメジはシチューに入れてみたところとても美味しかったそうです。嫁の談話です。
01.jpg

02.jpg

ちょっとピンぼけしてしまいましたが、コガネタケを紹介しましょう。
黄色っぽい感じのキノコで2カ所でしか見つかりませんでしたが、私は持ち帰りませんでした。
これはちょっと通のキノコと思えます。あたかも粉っぽい見てくれですが、実際触ると次の写真のようになってしまいます。ちょと無理かな。
03.jpg

次はカラマツ林内に出るラクヨウです。ナメコみたいにぬめりがあり、傘の裏が網目状で黄色くなっています。少ないキノコではないようですが、今年は不作らしいです。湯がいてすり大根と一緒にポン酢が酒のつまみになりますし、みそ汁に入れてもOKでした。

キノコ狩り(1)

女の休みに合わせてこちらも休みをとったが、一日だけ私だけの休みとなってしまった。嫁も仕事。
蝶はもう終わりだし、自宅でぶらぶらも勿体ない。
よく考えてみると大事な秋のイベントを忘れていた。キノコ狩りだ。急いでK氏に電話して教えてもらうこととなった。
場所はいろいろだがクマが出そうな林道脇。すでに里にクマ出没と各地で報じられているので要注意。鈴を下げて、車のエンジンは掛けたままである。
01.jpg

一枚目はオシロイシメジ。シチューやちゃんちゃん焼きに合うそうだ。周囲に沢山出ていた。まだ食べていない。

02.jpg

二枚目はツチスギタケ。感じは松茸風で美味しそうに見えるが、特別な食感は無いらしい。キノコ鍋にして食べたが、歯ごたえは良かった。

03.jpg

三枚目は本シメジ。これは他のキノコに比べると見つかりにくいようで、数も少ない。みんなが狙うキノコの一つ。鍋にしてもみそ汁に入れても良い味でした。これを食べるとスーパーのシメジはいったい何なのだろうと思ってしまいますね。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ